男性型脱毛症のメカニズム

頭頂部や前頭部の薄毛抜毛は男性型脱毛症によって引き起こされます。

男性型脱毛症は、男性ホルモンの過多や、分泌異常によって起きるのです。

そのメカニズムは、男性ホルモンとそもそも体内にある5aリダクターゼと言う還元酵素と結合し、それがジヒドロテストステロンと言うハゲの要因になる成分に変化する事で抜毛、薄毛になるのです。

そこで、その元である男性ホルモンを抑えてしまえば、ハゲの要因となるホルモンに変化する事もなく、そのホルモンの生成で変わってしまった育毛サイクルも正常に戻ります。

ハゲのメカニズムとしては、このジヒドロテストステロンによって育毛サイクルを狂わされ、抜毛サイクルが早まり、発毛サイクルが遅くなる事で引き起こされるのです。

男性ホルモンを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を阻害しますと、通常の若い頃と同じ育毛サイクルへと変化していくのです。

通常の育毛サイクルに戻れば抜毛は少しずつ減り、それによって髪の毛の増毛を実感出来るのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>